装置の種類の解説

ホーム>装置の種類

装置の種類

関連ページのご案内
歯並びが悪くなる原因歯並びからくる身体への影響歯並びの種類メリット治療中の歯の磨き方装置のトラブル治療の流れ治療症例治療費患者さんの声

矯正装置の種類

一般的には以下の装置を使って、歯並びを治していきます。また噛み合わせの状態によって附加的に別の装置を使うこともあります。

可撤式矯正装置

取り外し可能な矯正装置
1999年米国align(アライン)社が開発した取り外し式の透明なクリアタイプの矯正装置です。
噛み合わせの状態をCTスキャンによりコンピュータ上に再現し、その状態にあったアライナーを最近CAD/CAM(光造形)技術を用いて15~25個作製し、それを2週おきに交換していくことによって歯並びを綺麗にしていきます。
最も注目を集めている矯正治療方法です。現在(06年4月)の時点でアライン社より認定を受けているのは全国でも200医院ほどしかありません。
詳細はアライン社のHPをご覧下さい。
利点
[check]見た目がよい、違和感が少ない、取り外しが出来る

欠点
[check]治療できる噛み合わせが限定される。治療期間がかかる

MYOBRACE

トレーナーシステム & マイオブレイス
口呼吸・舌突出・不正な嚥下など筋機能癖を改善し、歯列の正常化を行う装置。
自分で簡単に取り外しができるマウスピース型の矯正装置。幼児用(2~5歳)の装置から、混合歯列(6~10歳)、永久歯列(10歳~)のタイプがあり、小児の矯正治療に威力を発揮します。
使用時間は夜間と昼間1~2時間使用するのみ。

利点
[check]昼間外しておける、筋機能の改善ができる、後戻りが少ない

欠点
[check]基本的に小児の矯正治療に適応、重度の不正咬合には不適

Clear snap

クリアスナップ
最新の低摩擦&低矯正力の装置です。
従来の装置にプラスチックの蓋を被せるタイプです。

利点
[check]装置が白く見た目がよい。従来の装置に比べ歯の動きが良い。

欠点
[check]基本的には目立たないが、ワイヤーが見えてしまう。

DAMON3

デーモンブラケット
最新の低摩擦&低矯正力の装置です。DEMON2に比べると半分がプラスチックになり見た目が良くなりました。セルフライげーションブラケットといって、ブラケット自体に蓋がついているタイプです。

利点
[check]歯の動きがとても良く、治療期間を短く出来る。
[check]違和感・痛みが少ない。

欠点
[check]装置に金属が入るため見た目が悪い。

裏側矯正

click! 舌側矯正(インコグニト)
最新式の裏側矯正装置、インコグニトを導入しました。インコグニトは個々の歯に合わせてブラケットやワイヤーを作る画期的な矯正システムです。

利点
[check]装置が歯の裏側に付いているので、全く見えない。従来の舌側矯正装置に比べ小さく、違和感が少ない。

欠点
[check]費用が高い。表側の装置に比べると期間がかかる。

Muh shield

ムーシールドを使用した治療例はこちら。
3歳から使用できる取り外し式の受け口用矯正装置。
夜間はめておくだけで受け口が改善していきます。

利点
[check]夜間のみの使用で受け口改善。


関連ページのご案内
歯並びが悪くなる原因歯並びからくる身体への影響歯並びの種類メリット治療中の歯の磨き方装置のトラブル治療の流れ治療症例治療費患者さんの声

ホーム>装置の種類

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional