治療中の歯の磨き方の解説

ホーム>治療中の歯の磨き方

治療中の歯の磨き方

関連ページのご案内
歯並びが悪くなる原因歯並びからくる身体への影響歯並びの種類メリット装置のトラブル装置の種類治療の流れ治療症例治療費患者さんの声

矯正治療中の歯の磨き方

矯正治療をしている時のお口の状態って?

矯正治療が始まると、装置を取り付ける前と比べて、特に丁寧に歯磨きを行う必要があります。矯正装置を付けたお口の中は、食べカスが残りやすい状態になるため、今までよりも多少の時間とコツが必要になるのです。
歯に付いた食べカスやブラッシング不良による磨き残しは、時間が経つと“プラーク”とよばれる細菌のかたまりになり、虫歯や歯ぐきの炎症の原因となってしまいます。虫歯や歯ぐきの治療で、治療期間が延びてしまわないように、毎日の歯磨きでお口の健康を守りましょう。
ここでは、矯正治療中の歯磨きのポイントについてご紹介致します。

歯の表側に矯正装置をつけた場合の歯ブラシの選び方

  • 歯ブラシは専用のものを使用する
    表側矯正装置 歯の表側は、矯正用の歯ブラシで磨くことをお勧め致します。毛先の接触する面積が大きすぎると、矯正装置の細かい部分にあたらず、磨き残しをつくってしまいます。歯ブラシをあてにくい場所は、ワンタフトブラシを使いましょう。操作性がよく、歯に的確にあてることができます。

歯の裏側に矯正装置をつけた場合の歯ブラシの選び方

  • 歯ブラシはワンタフトブラシを使用する
    裏側矯正装置 歯の裏側は、1歯ずつ磨く方法が適していますので、ワンタフトブラシだけで磨くことをお勧め致します。歯ブラシ全体を使って磨いてしまうと、矯正装置にあたり毛先が広がってしまい、磨きたい場所へあてることができません。

より効果的に汚れを落とす方法

  • 歯ブラシの持ち方
    親指・人差し指・中指の3本の指で歯ブラシやワンタフトブラシなどの清掃道具を持つ。
  • 鏡を見ながら、歯ブラシをあてる。
    汚れが染まる「染め出し剤」を付けて磨く。
    磨き忘れを無くすために、順番を決めて磨く。

矯正装置を行っている場合の注意点

  • 硬い食べ物(おせんべいなど)や歯にくっつきやすい食べ物(ガム・キャラメルなど)は、矯正装置の破損や変形などの恐れがありますので、控えましょう。
  • 甘い食べ物は、虫歯の原因となりやすいので、なるべく控えましょう。
  • 外出中またはどうしても時間が無いときは、デンタルリンスや水でうがいし、少しでも歯の汚れを落としましょう。
  • 時間をみつけて、一日に一度は丁寧に歯磨きをしましょう。
  • 歯磨きは一人ひとりの歯並びや歯ぐきの状態によって、合った磨き方があります。歯科医師や歯科衛生士によるプロのチェックとサポートを受け、お口の健康を保ちましょう。


    関連ページのご案内
    歯並びが悪くなる原因歯並びからくる身体への影響歯並びの種類メリット装置のトラブル装置の種類治療の流れ治療症例治療費患者さんの声

ホーム>治療中の歯の磨き方

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional