歯並びが悪くなる原因の解説

ホーム>歯並びが悪くなる原因

歯並びが悪くなる原因

関連ページ
歯並びからくる身体への影響歯並びの種類メリット治療中の歯の磨き方装置のトラブル装置の種類治療の流れ治療症例治療費患者さんの声

歯並びが悪くなる原因

普段からの癖

赤ちゃんのころの指しゃぶりは特に歯並びには問題ありませんが、幼児期(4~5歳)に指しゃぶりがいつまでも直らない場合は指の力で歯が動き、出っ歯などの原因につながる事があります。また、大人でも、頬杖をつく、指・爪・唇を噛んでいる、一定方向でいつも寝ている、口が常に開いているなど、これらの癖も歯並びを悪くする要因になります。徐々に直すように心がけましょう。

食べ方

子供の頃に、よく噛まなくても食べられる軟らかい食事やよく噛まずに飲み物と一緒に飲み込むような食べ方ばかりをしていると、あごの骨の成長期にあごが十分に発達せずに小さくなってしまいます。 結果、小さなあごに大きな歯が生えるので、歯が並ぶだけの十分なスペースがなく前後にデコボコとした歯並びになってしまいます。 しっかり噛む習慣をつけましょう。

虫歯

初めての永久歯は一番奥から生えてくるので、乳歯には後から生える永久歯の場所を確保する役割があります。乳歯の虫歯を放置して形が変わる、抜歯した場所をそのままにして隙間があると、永久歯が正しい位置に生えずに歯並びやかみ合わせが悪くなる事があります。また、成人になってからの抜歯も放置しておくと、親知らずに押される、左右の歯が隙間に移動する・空いた所にたおれるなどで、かみ合わせや歯並びが悪くなることもありますので、早期治療をしてください。


関連ページ
歯並びからくる身体への影響歯並びの種類メリット治療中の歯の磨き方装置のトラブル装置の種類治療の流れ治療症例治療費患者さんの声

ホーム>歯並びが悪くなる原因

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional